JORNAL HEAD LINE

生前整理ジャーナル
ヘッドライン

MORE

生前整理のメリット

その1
生前整理を行うことで、
家族への負担を軽減できます。
その2
後の憂いが消え、心身ともに前を
向いて人生を楽しんでいただけます。

自分の身の回りの書類、写真などの不要な物の処分から生前整理を始める人には多くのメリットがあります。
家族がお亡くなりになった後、通夜や告別式、四十九日の法要を終えると家族は多忙な中でも遺品を整理しなければなりません。故人が大切にしていた物をどう処分をするか迷ってしまい労力や時間も掛かってしまい悩むことになってはいけません。

生前整理の大きなメリットの一つは、体が健康なうちに不要な物を処分しておく事であり、亡くなったあとに遺品の片づけを行うご家族および親戚の方々のご負担を減らせるようになることです。

MORE

生前整理協会とは?

生前整理の必要性と
やるべきこと

基本的に、本人が自分の身の回りのものの処分や遺言の作成を行います。目的は、残されることになる家族に負担をかけないため、自分の財産を把握し、財産分与などで自分の希望を反映させるために身の回りの整理をすることです。また、残りの人生をどう生きていくかを明確にするためなど人によってさまざまです。

MORE

生前整理に困ったら

新着お役立ち
コンテンツ

実績一覧から探す

PARTNER COMPANIES

パートナー企業様の
ご紹介

Cooming Soon

CONSULTATION FAQ

生前整理の
お悩み相談FAQ

  • Q

    生前整理は何からすればいいのでしょう?

    A

    何からというよりも簡単なこと、これならできそうということから始めましょう。
    お片づけ、整理、管理、遺書、相続対策などさまざまな分野があるので、当協会の担当者とじっくり一緒に考えましょう。

  • Q

    自分には生前整理はまだ早いと思うのですが、いつ始めるのがベストなのでしょう?

    A

    始めるのに早すぎるということはありません。世代ごとによってできる内容に違いますが、できることはこざいます。是非、一度ご相談ください。

  • Q

    長く会っていない長男より、いつも面倒を見てくれる長女に遺産を残したいがどうすればいいのでしょう?

    A

    生前であれば、特定の方に遺産を残すことが可能です。
    当協会の専門家へご相談ください。

  • Q

    家族に負担をかけたくないので、万が一の時、延命を希望しないのですが、どうすればいいのでしょう?

    A

    当然可能です。
    どの程度の延命をする、しない。また、臓器の提供の意思表示などもできます。
    一度決めた後で、お心が変わることも当然ございます。
    その都度変更していきましょう。

  • Q

    最近物忘れが激しく、もし万が一、認知症になったらどうしよう?

    A

    認知症は誰にでも起こりうります。
    なる前に自分がどうしたいのか、どう生きたいのか、万一なった場合にどう対応して欲しいのかを決めておくことで不安が1つ消え、安心が得られます。

FAQページへ